「琥珀磨き体験工房」の開き方

琥珀を磨いて琥珀の魅力に取り付かれると、ご自分で<琥珀磨き体験工房>を開設したくなる方が出てくるかもしれません。

現在、琥珀磨き体験は岩手県久慈市にある日本の琥珀産地の博物館でやっているだけで、体験工房としては「アトリエ・ブルーアンバー」の他にはないようです。

思えば前人未到の世界を切り拓いてきたんだなあ、との感慨があります。

皆さんがご自分で始めるには、次のステップが必要かと思います。
 

1.琥珀の磨き方の習得 幾つかの琥珀を磨いてみることです
3000-5000円の原石を3つほど磨いて、のめり込むかどうか。
 
2.教場の確保 体験工房の開設には場所が必要です  そして作業台など
自宅でも構いません。
 
3.工具の用意 琥珀磨きにはサンドペーパーだけでいいのですが、ルーターがあれば粗磨きの時間が短縮できます   @10000−15000円
先端ビットは消耗品です  @400−700円
 
4.琥珀原石仕込み先の確保 琥珀原石の仕入ルートがないと仕事になりません が、これが難しいのです。 私は最初ある業者の売り子として始めましたが、この業者が老齢化して仕込みをしなくなりました。(昔は現地に行って仕入れていた)

それで「ミネラル・ショー」などに出掛けましたが、琥珀原石を並べているのは数店です。どこも原石で売ることには積極的でないようです。(付加価値を付けられない)

自分で現地(バルト、南米)に行くほどの商売ではありません。
海外通販などを探しますが、なかなか容易ではありません。
 

5.琥珀原石の品揃え 始めるにあたり30−50個の琥珀原石を揃えなければならないでしょう
3000円程度の原石から、だんだん1個2万円、3万円の原石も欲しくなります
 
6.アクセサリー制作の習得 磨いた琥珀に金具を埋め込んだり、ネックレスやストラップに仕上げる方法を習得します
ビーズ・アクセサリーの制作をしている方なら簡単です。
 
7.初期投資額 最初の磨き方の体験から原石の品揃えまで、とりあえず20−30万円程度でしょうか。
レッスン場の設備、広告宣伝などはお金のかけ方次第です。

私の場合、レッスン場は自宅、作業台は夫の手作り、最初の原石仕入れは10万円、広告は「伊豆高原散歩MAP」掲載料2万5000円と 、夫の自作の看板と、Webサイトと、Wordで作ったチラシでした。

広告は立地条件、訴求対象によって随分異なると思います。私の場合は観光地なので、一見(イチゲン)のお客さまばかりです。
 

 

「琥珀磨き体験工房」開設のご相談に応じます

メールでどうぞ pccgarden@gmail.com

Home