琥珀とは

コハク(琥珀) コハク amber

 

琥珀は、今から数千万年前の樹木の樹脂が化石となったものです。植物に起因する唯一の宝石であり、奥深く暖かみのある輝きと風合いをもっています。

身に付けていると持つ人の自然の美しさを引き出すといわれます。電気を帯びやすい性質を持ち、ギリシャ語のエレクトロンの名が電気=エレクトリックの語源となりました。

手で握ったりして温めることで心により良い効果を放ち、リラックスさせて癒しの効果与えてくれます。感受性を豊かにし、心を楽にする温かな癒しの効果があるとされています。
また石ではないのでとても軽く(比重1.03―1.10)、アクセサリーとして愛される理由になっています。

琥珀は、ヨーロッパでは古くからさまざまな伝説をもち、『人魚の涙』また『太陽の石』とも呼ばれ、身を守り幸運を招く石とされています。 
北欧では、結婚10年目を琥珀婚という習わしがあり、また、想いを寄せる人に琥珀を贈ると愛が実るとされています。


 

新生代(約6500万年前以降)の第三紀の松柏科植物 (マツスギヒノキなど) の樹脂が,地中で化石化したものといわれる。成分は C40H64O4でコハク酸などの樹脂酸を含む非晶質の有機化合物である。
色は黄色ないし褐色で,ときに白あるいは赤みを帯びるものもある。透明ないし半透明で,樹脂光沢を帯びる。摩擦すると静電気を帯びる性質がある。樹脂が固まる前に封じ込められた昆虫や植物が見られることもあり,珍重される。
硬度は 2 〜 2.5 で,耐久性は低いが,美しさと希少性のために古くから宝石として愛好されてきた。比重は 1.03 〜 1.10 のため,濃い塩水には浮く。
主要産地は旧ソ連のバルト海沿岸地区で,産地の鉱山で採掘されたものはピット・アンバー と呼ばれる。バルト海沿岸海底から流出し海水で運ばれてデンマークのユトランド半島,スウェーデン,ノルウェーやイギリスの海岸にまで打ち上げられたものは シー・アンバーと呼ばれる。その他ミャンマー,インド,ルーマニア,ドミニカなどでも産する。
熱すると 150 ℃で軟化し,250 〜 300 ℃で溶解するので,小片材料を加熱圧縮成形した再生コハク (アンブロイドambroid) が代用品として普及している。

近山 晶

 
ヨーロッパでは,コハクは新石器時代以来, 琥珀の道 と呼ばれる交易路を通じて全ヨーロッパに広がった。その一つはドイツ中部を縦断し,ブレンナー峠を越えてアドリア海北部に達し,さらにギリシア,クレタへ至る道であり,もう一つはドイツからブルターニュ,イギリスへ向かう道である。その結果,イギリス,ドイツ,ミュケナイで発見されるコハクのペンダントなどには非常に似通ったものがある。

 
日本では縄文時代から用いられたが,古墳時代には棗 (なつめ) 玉や勾玉に加工され,とくに後期に発達した。 7 世紀の奈良県御坊山古墳 からは重さ約 420gに復元される枕形のコハク製品が発見されており,当時の倭国から中国の隋朝へ大型コハクを貢納したという記録と一致している。
日本では現在岩手県久慈で産出する。

町田 章

 

 


Home